契約書管理システムを提供する業者の利用をするメリット

   

企業活動においては、日々契約書や図面の作成などが行われています。この文書の管理を紙で行った場合、どこに保管していたのかわからなくなってしまうことや、必要な時にすぐに出すことができないといった問題が起こります。特に、日々大量の取引を行っている大きな企業なら、管理をするのも大変になってしまいます。また、管理をしている場所がわからなくなってしまって、情報が流出するということが起きてしまう可能性もあります。これは、個人情報や企業秘密の漏洩につながってしまうので、そうした事態が起きないように何らかの対策をしておく必要があるでしょう。契約書管理にデジタルで管理、情報共有することのできるサービスがありますが、それはこういった問題を解決するのに適しているでしょう。

契約書管理をデジタルにするメリット

デジタルで管理することで、情報の共有がしやすくなるメリットがあります。物理的な紙一枚であれば、複数の人が同時に見ることはできませんが、デジタルであれば複数の人が確認することも可能です。紙の契約書を電子化してしまえば、紙を保管する必要がなくなりますので場所を取りません。紙は簡単に移動可能な分紛失をしてしまうリスクもありますが、ネットワーク上での管理は、セキュリティーがしっかりとしている業者を利用すれば、特に情報が漏れてしまうといった心配もありません。例えば、権限の設定を詳細に決めることができる業者もあります。その場合、権限外の人間が閲覧することはできませんので、内部統制をきちんとできます。また、誰がいつ操作したのか履歴が残りますので、不正も早期に発見できます。

管理システムがコストアップになる場合も

管理システムを活用すれば、省スペース化が図られますし、紙よりも却って情報漏洩防止になるので安全であるメリットがあります。しかし、システムの利用料金を考えると、場合によってはコストアップにつながる可能性もあります。コストアップしたとしても、それだけ利便性が高まる結果、別の方で生産性が上がって利益につながることもありますから、このコストアップはトータルで見た場合には必ずしもデメリットという訳ではありませんが、企業の活動状況で異なってくることです。
せっかく電子化して文書管理をしていたとしても、起業によっては原本を保管しているケースがありますが、それではシステムを導入する意味がなくなってしまいます。なぜなら、電子化して省スペース化と情報の安全管理をするというメリットがなくなってしまうからです。

ピックアップ記事

ペーパーレス化による契約書管理の効率性

企業活動をする上で契約書の作成と管理はほとんど不可欠といっても過言ではありません。しかし従来のような紙ベースでの契約書管理は、膨大な保管場所を確保しなければならないほか、そのつど目録を整備するなどして...

契約書管理を電子化する目的とは

製品の売買や役務の提供などを行うにあたっては、その契約の内容や範囲、期間、金額などをあきらかにし、後日の証拠としておくために契約書を作成します。このような契約書の多くは、法人税法をはじめとする諸法令の...


注意点